投稿日:

酒好きも度を超えると男性から結婚対象に見られなくなるという実例

大学時代の友人ですが、大学生の頃から、お酒を飲むのが大好きで、
週末はいつものように飲みに繰り出して、必ず最後まで残ってお酒を飲んで、
朝方にやっと帰宅するような人でした。
お酒が強いので場を盛り上げるのも上手だし、みんなからは、いつも飲み会に誘われるような、明るくて元気な人でした。

私も、彼女と一緒に飲んでいる時は同じペースでお酒を飲めて楽しめるのでよく一緒に飲みに行っていましたが、
彼女はお酒が入って酔い始めると、彼女がいいなと思っている男友達に電話をし始めるのです。
いわゆる、電話魔というものでしょうか。

彼女の周りには男友達がとても多く、2人っきりでお酒を飲みに行く男友達も何人もいましたし、
特定の彼氏を作らない代わりに結構自由に男友達と付き合っていました。
私は今でも彼女と連絡を取り合っているのですが彼女はまだ結婚していません。

大学を卒業してかれこれ15年以上たつのですが、いまでも彼女はおサケをよく飲みにでかけているみたいです。
特定の彼氏もおらずに、相変わらず男友達とつるんでいるそうです。
やはり、お酒をよく飲みに行く女性には家庭的な印象が持てないのか、男性も結婚相手として見ることはないのかな、と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です